祖父と父と僕と趣味

2017/ 03/ 03
                 
一昨日と昨日で祖父の葬儀が終了しました。


祖父からしたら曾孫が6人もいて、
内4人は2歳以下っていうなかなか賑やかな葬儀でした。


ウチの暴れん坊長男君は葬儀場狭しと走り回っていました。
お騒がせした事、この場をお借りして、お詫び申し上げます。
申し訳ございません。
(親族は誰もここを観てないはずですが…)



出棺の際に僕の父が挨拶を述べていたのですがその中で、
「父の故郷へ旅行を計画していたのですが、
体調が優れず、結局果たせませんでした」
と言って嗚咽を漏らしていました。

思えば今まで父が泣く姿など見たことが無く、
驚くと同時に、
当たり前の事ではあるのですが、
「父と祖父もちゃんと親子だったのだなぁ」
と安心しました。

それと言うのも同居している割に父と祖父がちゃんと話している姿も見たことが無かったので、
なんとなく仲が悪い訳ではないけども、そこまで仲良しでは無いのかなぁ
と思っていたからです。


父親と息子ってやっぱりどこか気恥ずかしくて、
憧れの対象だったり、少しライバルだったりして
なんとなく疎遠になりがちなものですよね。

僕の父と祖父もきっとそんな感じだったんじゃないかなと今ならわかります。



4月からドラマが始まる「光のお父さん」の中でも
マイディーさんはFF14という共通の話題を持ってようやく父親との会話が楽しいものだと気付けたと語られています。


僕の知る限りだと、父と祖父も共通の趣味なんて無いような気がします。

父の趣味は何となくわかっては居るのですが祖父の趣味となるとあまりわかりません。
そんな祖父の棺に納めるモノの中に「電車の時刻表」があってすごく驚きました。


今まで祖父が「鉄ちゃん」だったなんて聞いた事もありませんでしたし、
どうやら、家族にも知られていなかったようで、
生前片付けの際に時刻表を処分されそうになって怒ったという話を聞きました。

中を見てみると乗換だったり旅行の計画のようなメモが書き込まれていて、
いわゆる「スジ鉄」だったのかもしれません。
(そういえば、旅行が趣味というのもあるみたいでした)



父と祖父がそうであったように、僕と父もなんとなく疎遠になりつつあります。
実家も4駅ほどの距離なので子供達の顔を見せに月2くらいの頻度で訪問したりはしていますが、
だいたい子供の話をするぐらいで会話らしい会話をしていない気がします。


もうすぐ父も定年退職。
定年したら趣味に打ち込むと公言してはばからない父。

その時が来たら、父の趣味の陶芸の手ほどきを受けるか、
PS4とFF14をプレゼントするかしたいと密かに計画しています。
                         
                                  

コメント

はじめてコメントさせていただきます。
毎日楽しく拝見させて頂いております。
そして遅ればせながらリンクありがとうございます。
こちらからもさせて頂きました。


葬儀お疲れ様でございました。
僕も祖母が先日、脳梗塞で倒れて以来、目を覚まさぬまま入院中でして、そろそろ危ないと聞いて色々準備中だったりします。

それと同時に妻が臨月だったりして、これが生と死の狭間か、とか考えながら最近過ごしています。


どちらも近いうちにその日が来ることはわかっているのですが、心構えは何一つ出来ておらず、落ち着かなったりして暇を持て余してFF14にINしてたりする今日このごろです。


今回、それで境遇が凄く似ているなぁって思ってコメントさせて頂きました。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
Re: タイトルなし
>もすぅちゃんさん
(敬称の付け方これで合ってます?)

はじめまして。そして初コメント・相互リンクありがとうございます。
こちらこそ、無言リンクで失礼しました。


僕もほとんど同じような感じでした。
祖父もそろそろ危ないとは言われていましたが、
何の準備もせずにその時になってしまい慌てて礼服を妻の分と併せて買いに行きました。

子供が生まれると「暇を持て余す」なんて事からは縁遠くなるので、
今の内に楽しんだ方がいいかも知れません
…が、
ご家族を大切にする事を一番にしてくださいね。


子育て光の戦士としてご参考になるかどうかはわりませんが、
これからもどうぞよろしくお願いします。