家庭内におけるロールに関する考察 ーFFXIVを参考にしてー

2017/ 07/ 07
                 
こんにちわ。
ログインするための前提クエストである家事を終わらせなければいけないパパメスです。

しかもこれ、デイリークエストなんですよねぇw


少し前に妻がリツイートしていて目にしたこちらのツイートなんですけど…


から続く一連のツイート

【一連のツイートを表示】



これって自分の場合は子育てを追加して、FF14で言えないかなと考えてみたんです。


え?
ぇえ、ぇえ、有り体に言ってパクリオマージュですw
PS_Messages_20170707_150015.jpg 


『お金を稼ぐ事』『DPS』
『家事をする事』『ヒーラー』
『子供の世話をする』『タンク』

と言えそうな気がします。


圧倒的な「火力」(お金)があれば『ヒール』(家事)とか『タゲ維持』(子供の世話)も
全て家事代行だったり、ベビーシッターだったり外注で押し切れます。

二人で働いて高火力だしてもいいですし、一人(旦那とは限らない)が超高火力なら他のパーティメンバーは全員遊んでいられます。
PS_Messages_20170707_150119.jpg 


でも実際にはそんな高火力は一般のパーティ(家庭)には出せないですよね。

そこである程度十分な収入が見込めるのであれば、
パーティの一人がDPS専属(外で働く担当)になって、もう一人にヒーラーになってもらいます。
でも、ヒーラーにそのままタンク(子供担当)まですべて任せてしまうと、大概うまくいきません。
だって、ヒール(家事)をしようとするとだいたい攻撃されて(子供が泣いて)詠唱キャンセルされちゃいますよね?w

それでDPSから「ヒールが遅いだ」の「タゲ跳ねてる」だのなんて煽られて「俺はちゃんと敵を殴っている」なんて言われたら、
そりゃヒーラーのヘイトぶち上がりの速攻ギブアップ投票開始してのブラックリストぶっこみ案件ですねw

DPSを上げられるんだったら是非やって頂いて、それができないのなら
詠唱中だけでもタゲを持つとか、ヒーラーが攻撃されてたら、内丹で自己回復するとかやりようはあると思います。



DPSが一人では足りない場合や、二人ともDPSにやりがいを感じるタイプだったりした場合はDPS二人編成という超変則パーティになります。
共働きという事で火力は稼げるようになりますが、
依然としてヒールやタゲ維持の必要が無くなる訳ではありません。

ヒールやタゲ維持を一人に押し付けるのではDPS・ヒーラー編成以上に無理があるのは明確ですよね。
DPS二人がオールラウンダーのような動きを出来るようになれば理想ですが、
たぶん無理です。

なるべく円滑に進むようにアイテム(冷凍食品や総菜等)を使ったり、
時にはゲストキャラ(親とか友人とか)を頼ったりしてもいいと思うのです。

いや、ていうか無いと無理かなw




まぁ、いろいろ書きましたけど、家族もパーティーも同じで、
パーティーメンバーがきつそうだったら、自分が受け持つ部分を多くするのは当たり前だと思います。
それに自分がいいプレイをしているつもりでも、相方が居なければパーティーを維持する事が出来ないという事を意識して
常に感謝の気持ちを持ちつつ、当たり前だと思わない事が大事なんじゃないかなと思います。

そうしないと最終的には全滅・パーティー崩壊・絆ブレイクするのは目に見えていますよね?

PS_Messages_20170703_140755.jpg 




あ…DoTは不労所得みたい…召喚二人だと最強じゃん…
エギ出して頭数増やせるし…ずりぃ
                         
                                  

コメント

同じような境遇の人を探してたらたどり着きました。子育てしながらだとなかなか時間ないですよね。
私はトライアルで時間見つけながらやっています。続けられそうなら正式に始めようかと思っています。
家族内ロール大事です。今も下の子をおんぶしながら書き込んでます。
Re: タイトルなし
>あああああああ さん(お名前これで大丈夫ですか?w)

僕も同じような方が居ないかなと思って探してあまりいらっしゃらなかったのでブログを始めた感じですねぇ
でもブログはじめてから、それなりに「子持ち光の戦士」もいるなぁと実感しています。

子供が居るとなかなか思うように時間が取れない事も多いですし、周りに置いて行かれてしまう事も多々あります。
でもFF14はMMORPG黎明期のような長時間プレイを強いられるような作りにはなっていないので、サクッと短時間でやりたい事だけやって楽しむ事も出来ると思っています。
焦らず、自分が楽しめる遊び方を見つけながらなら、きっと続けていけると思います。

どうかパーティーメンバー(奥様・お子様)のヘイトを貯めないように気を付けながら、よいエオルゼアライフを!