光のお父さん第2話 感想

2017/ 05/ 01
                 
MBSでは第3話が昨夜放送されていて今更感ありますが、
光のお父さん第2話観ました!


今回も夫婦で観て笑わせてもらいました。



今回の話のこの・・・


リアルパート(主に仕事か?)で問題が起こる
ゲーム内で問題が起こる
ゲーム内の問題を解決し、同時にリアルの問題解決のヒントに気づく
リアルの問題も解決
ハッピーエンド


という一連の流れがたぶんこの先の話でもお話の基本形になるのでしょうか。


それにしても、この流れは「光お父さん」全体の流れである


お父さんの突然の退職(リアルで問題発生)
ゲームの中で、障害を乗り越える(ゲーム内での問題解決)
お父さんとの関係修復


という流れとも一致していて脚本の巧みさに唸りました。



実際は、ネットゲームをやったからといって、
現実の問題がたちどころに解決したり、
彼女が出来たり、
宝くじに当たったり、
志望校に合格!
なんて事はまずないでしょうが、
今回のドラマはある意味フィクションですので、これくらいは演出として受け入れられます。


でもたぶん、本当に表現したいのはもっと「些細な事」で、
「オンラインゲームをやっていると『少し』人生に彩が増すよ」
くらいなんじゃないかなと受け取っています。

それを「ドラマ的に」「テレビ的に」表現した結果がああなったんでしょう。



以前、マイディーさんも書いていましたが、
「ゲームばかりやっていると【    】になる」
の空欄には一般的にネガティブな言葉を入れられる事が多いと思います。

そうじゃない!

もっと素敵な事だって起こるんだ!

ゲームのおかげで「幸せ」になる事だってあるんだ!


というメッセージはゲーマー以外の方にも伝わっているんじゃないでしょうか?

また、それが伝わる事で
「ゲームへの恩返し」
も果たせるのではないでしょうか?





メッセージ的な部分以外にも、個人的に驚いたのがお父さんがマイディーさんに跪くシーン。
あのシーンでのカメラの『回り込み』がすごかったです。
しかもあのただ回り込むんじゃなくて、ちょっとずつカメラが寄っていっているんですよね。


曲とのタイミング的な問題等を除けば、普段からff14をプレイしカメラをぐりぐり動かしている人にはそんなに難しい手法では無いと思います。

ですが、逆に「簡単に」こんなショットを撮れる事がすごいのです。


「涼宮ハルヒ」や「響けユーフォニアム」の京アニなんかはよく使っている演出技法なんですが、
あれって、結構手間がかかるらしいんですね。


キャラの角度を少しずつ変えていき、
それに併せて背景も動かしていく。
違和感の無いように綿密な計算と、手間のかかる作画技術が要求されます。

その効果としては2次元の画の中に対象の立体感を感じさせたリ、視聴者の視点を回転の中心に注目させたりとイロイロあるみたいです。
あと観てて楽しい。


で、その回り込み&ズームインをサラッとやった。しかも一発OKだったらしいじゃないですか。

これって結構すごい事だと思います。
素人でもアニメのオープニングみたいなカッコいいカットが簡単に撮れるという可能性を示した事により、
ゲーム内ムービー加工に興味を持つ人が増えるかもしれませんね。




今回はこんなところ。
あー、1話2話と連続で感想書いてるんで、これ、最終話まで毎週書かなきゃいけない流れになってません?ww
3話は翌日の水曜が休みだからリアルタイムでエオルゼアのみんなと観れたら楽しそうですね~
あ~でも結局朝早く子供に起こされるのか…


ぞれにしても…
ピンクの制服って今時どうなんですかね?
いっそ制服廃止じゃ駄目だったんですかね?

                         
                                  

コメント

制服の意義がわからないとは、あなたは学生時代を私服ですごしたか、意味を考えずに制服を着て、私服がいいと思ってたクチですか。
社会で生きてれば、コンビニでも制服がありますよね。
あれを廃止にして全員私服で仕事しててもOKだと思いますか?
宅急便の人が私服で作業してて、荷物を盗んでるのではなく運んでるとわかりますか?
制服には、その企業に属してるということをひと目でわかる広告なのです。
安易に廃止という選択にいきつくのは浅はかだと思いますよ。
Re: タイトルなし
>FF14774さん
コメントありがとうございます。

そうですね~確かにいきなり廃止というのも安易だったかもしれないですね~。

前の会社でも女子社員の制服が数年前に廃止になっていましたし、
僕の周りではオフィスで仕事をしている女性の方で「制服がある」という女性が居なかったもので、
時代の流れが制服廃止の方向なのかなと思っていました。

「なぜ、時代の流れに併せたお話にしなかったのかな?」と少し疑問に思った程度だったのですが、
表現の仕方がわかりにくかったですね。
私もあの制服は疑問に思いましたね~
今時の女性があのデザインで喜ぶものでしょうか(笑)

それはさておき、

ドラマの構成とテーマについての考察は的確で面白かったです。
また、アニメのカメラワークの解説も興味深かったです。

今後の感想も楽しみにしています!


Re: タイトルなし
>ライトさん

コメントありがとうございますっ!


まあ、たぶんドラマの中で描かれていないだけできっと社員からアンケートとったりデザインコンペしたりしたんじゃないですかね~w

考察なんて大層なものではないですが、お褒めいただきありがたいですっ!!
今後、話の構造が変わったりすると、なんか恥ずかしい感じになっちゃいそうですけどね~

楽しみにしていただき、今後の励みになりますっ!
正直あの制服はどちらもないな、とは思いましたが
脚本と予算的に考えてあれなのかな…w

私も女性はスーツという職場しか経験ないので
銀行みたいな不特定多数の人が出入りする職場でなければ
制服の意義は小さくなった時代だと思いますけどね


1話は個人的にはそんなでもなかったのですが
2話は脚本がよかったですね
現実世界のミッションとエオルゼアの問題の解決
互いにリンクし合ってドラマになってて
ブログにはなかった面白さがでてたきがします

3話も楽しみ!これから観るところです!w


というわけで、3話観る前にテンション上がって初コメでしたw
3話の感想も楽しみにしてますよ!
Re:
> 玉ねぎ係さん
初コメありがとうございますっ!

予算!!確かにそうですね!言われて気づきました!
女子社員をみんな制服にしてしまえぱ衣装さんを付けなくて済んだりするかもですね~

ブログと違ってリアルをメインにする事で、お話のリアリティだったり、一般の方が入り込みやすくなっていますよねー

3話の感想も頑張りますっ!
なんだかハードルが上がって行っている気がしますがww