「三大州広域全図」の制作時期についての考察

2017/ 03/ 14
                 
ちょっと前ですが、ドイツファンフェスで世界地図(三大州広域全図)が公開されました。
YDKTOLu.jpg 

実は僕、世界観とか設定とか考察とかが大好きなんですよ。

それでいろいろ見ていたら、
この「三大州広域全図」がいつ作成されたのか
がい&れなさんのブログで考察されていました。


これについて僕もちょっと考えてみたので、
もしよかったら見ていってください。長いです。


まず、「エオルゼア全図」「三大州広域全図」の違いを上げてみましょう。

一つは、全員が気付くのが記載されている範囲が広がった事。
小大陸アルデナードと周辺の島々からなる「エオルゼア」以外にも
・「ドマ」のある「東州オサード小大陸」、
・北洋諸島の「シャーレアン本国」、
・雲に覆われてはいますが「ガレマール帝国」のある「イルサバード大陸」、
・「ラザハン」がある大陸南方に位置する「サベネア島」など
が描き加えられました。


それから、エオルゼア内の地図にも微妙に変化がありました。
シャーレアン植民地の位置に「セノタフ大石碑」が、
ドラヴァニアにソーム・アルが、
アラミゴには…「ラールガーズリーチ」(たぶん)が描き加えられました。


さて、では問題の「三大州広域全図」がいつ作られたのかです。

元も子もない事を言ってしまうと、
「3.0でいろいろ増えたし、これから新しく実装するから単純にバージョンアップした。
スクエニスタッフが頑張ってつい最近作った」
なんですが…

そうは世界観廚が許さない!


という訳でゲーム内の情報から制作時期を考察していきましょう。


実はこれを紐解くには「エオルゼア全図」と「三大州広域全図」の違いを2つ見るだけでわかります。
一つは「ソーム・アルがあるか・ないか」。
もう一つは「セノタフ大石碑があるか・ないか」。


「エオルゼア全図」にはソーム・アルがありません。
それは1506年に「エオルゼア全図」が作られた時にはソーム・アルが
出 来 て い な か っ た という事でしょうか?

それは違います。

ソーム・アルは「ドラヴァニア雲海に1000年振りに人が立ち入る」と本編中でも語られているように、
1000年以上前から存在しているものと思われます。
まあ、山ですしね(^^;
にもかかわらずエオルゼア全図にソーム・アルが記載されていないのは、
地図作成時に「広く知られていなかった」からではないでしょうか。

1506年当時、イシュガルドは千年前である570年から続く竜詩戦争の最中です。
ドラゴン族の本拠地であるドラヴァニアという地方があるのはわかっていても、
その中にある山の名前、ましてやそれがどのような姿なのか把握できなかったという事でしょう。



一方のセノタフ大石碑ができたのはシャーレアン植民地が建設された1311年以降です。
「エオルゼア全図」が作成された時には既に建造されているはずですし、
一夜にして全員をシャーレアン本国に帰還させたという「大撤収」が1562年なのでまだまだ人は居るはずなのですが、
なぜか「エオルゼア全図」記載されていません。
これは推測の域を出ませんが、
大撤収前は低地ドラヴァニアほぼ全域が「シャーレアン」であり、
その広い街のはずれにひっそりとそびえているのが「セノタフ大石碑」だった。
つまり、そんな地図に書くほど重要なモニュメントじゃなかったという事かもしれません。



勘のイイ方ならもう「三大州広域地図」の制作時期がわかったかと思います。
ソーム・アルが記載されている事からして、竜詩戦争以前(~570年)もしくは終結後(パッチ3.3(1580年頃?)~)に作成されたという事になります。
併せて、セノタフ大石碑が記載されている事から1311年以降という事もわかります。
年表 

このことから、三大州広域地図は竜詩戦争終結後に既存のエオルゼア全図に追記する形で作成されたという事になりますね。


だとすると、帝国内部が雲に覆われていて、ドマの記載が増えた事も説明がつくかもしれません。
一部、帝国出身者もいますが、ごく一部ですし帝国内部についてはエオルゼアの人々には知られていません。
対して、ドマは現在エオルゼアに人々が流入してきている状況です。
それらの人々がドマの地理や、
ついでにエオルゼアに至るまでの航路上であるラザハンをはじめとする北州イルサバード大陸南部の「豊穣海」の洋上に浮かぶ島々
についての知識をエオルゼアにもたらし、それを新たに追記したと考えると納得できますね。
                         
                                  

コメント

ブログ閲覧ありがとうございます!おまけにリンクまで貼っていただいて・・・

私のブログにもリンク貼らせて頂きました。同じく世界設定に興味を持っている方と繋がれてうれしいです♪

で、早速質問なのですが・・・

イクサル族がかつてアラグ帝国で作られた種族ということがわかっているとあったのですが、どこで確認出来る情報なのでしょうか?

とても興味があるので、教えていただけるとうれしいです!
Re:
コメント・相互リンクありがとうございます!

イクサル族の先祖と思われるイクサリオンについての説明がフラクタル・コンティニアム内にあり、
「高い知能を有するアラグ帝国飛空艇団用合成獣。
環境変化に弱く、遺伝子異常が生じやすい欠点を持ちます」
とあります。

またエンサイクロペディア・エオルゼアの249ページにて断言されていましたよ~